« イスラエルの殺戮の日々:ビリンで ガザで 検問所で 人違いで | トップページ | パレスチナ 2011 »

2011.01.15

レバノンのパレスチナ難民:ナハル・アル・バレド難民キャンプ 三年半後

ナハル・アル・バレド難民キャンプでの戦闘から三年半。
三年半経ってもナハル・アル・バレド難民キャンプが
ほとんど全く再建されないのはなぜなのか。

人口400万人に満たないレバノン国内各地の難民キャンプに
パレスチナ人が50万人近く暮らしている。
市民権は付与されず、職業もかなり制限されている。
公教育は受けられず、社会保障も一切ない。医療費は全額自己負担だ。
いわば、難民キャンプ内に閉じ込められて暮らしている。
宗教的モザイク国家と言われるレバノンに更にパレスチナ難民という問題も加わっている。

ベイルートのアメリカン大学ハイラル・ハサン教授は語る。
「レバノンのパレスチナ人は公式に除け者として扱われます。
ナハルアルバレドを再建することはパレスチナ人に希望を与えることになります。
政府は彼らにどんな希望も与えたくないのです
国を出て行ってもらいたいのです」

レバノンでのパレスチナ人の暮らしぶり、その苦難についてのBBCのレポート。

レバノンのパレスチナ難民:ナハル・アル・バレド難民キャンプ 三年半後
http://www.youtube.com/watch?v=qMY2IRixSyM

Palestinian plight in southern Lebanon refugee camps
http://www.bbc.co.uk/news/world-middle-east-12138075

レバノンのパレスチナ難民 仕事も医療もあきらめ顔
http://blogs.yahoo.co.jp/jyu_gorou/archive/2010/8/5

レバノンへの旅(6)
http://www.doi-toshikuni.net/j/column/20100915.html

レバノンの国とパレスチナ難民に対する職業訓練について
http://www.ovta.or.jp/div/publishing/qmagazine/2209/233_5.html

レバノン:パレスチナ難民の就労を初めて合法化
http://hibikan.at.webry.info/201008/article_143.html

貧困に陥れる:レバノンのパレスチナ難民は新法に希望を見いだせない
http://boycottil.seesaa.net/article/160763188.html

パレスチナ問題について
http://d.hatena.ne.jp/itunalily/20090819

レバノンのパレスチナ難民キャンプでの支援活動レポート(1) 原口英之
http://www.denzuba.com/archives/2266972.html

<参照>
ナハル・アル・バレド難民キャンプ:Looting Nahr al-Bared
http://ima-ikiteiruhushigi.cocolog-nifty.com/palestine/2007/11/looting_nahr_al_8d13.html

「虐殺を止めて」キャンプ攻撃、怯える難民達
http://ima-ikiteiruhushigi.cocolog-nifty.com/palestine/2007/06/post_082c.html

レバノンのパレスチナ難民キャンプ:Have your say(BBC)
http://ima-ikiteiruhushigi.cocolog-nifty.com/palestine/2007/05/have_your_saybb_33db.html

レバノンのファタハ・イスラム
http://ima-ikiteiruhushigi.cocolog-nifty.com/palestine/2007/05/post_a734.html

|

« イスラエルの殺戮の日々:ビリンで ガザで 検問所で 人違いで | トップページ | パレスチナ 2011 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レバノンのパレスチナ難民:ナハル・アル・バレド難民キャンプ 三年半後:

« イスラエルの殺戮の日々:ビリンで ガザで 検問所で 人違いで | トップページ | パレスチナ 2011 »