« 米兵のタクシー:イラク空輸活動の公文書を防衛省が全面開示 | トップページ | 2010.3 イラク総選挙前情勢 »

2009.10.13

ファルージャで何が起きているのか / ファルージャの子供達の悲劇:Tragedy of Children in Fallujah

(2013)
イラク戦争から10年 新生児に異変 その原因は?
https://www.youtube.com/watch?v=QvY2yzdR1Cg

高遠菜穂子さんはファルージャ総合病院に一か月間寝泊りして調査した
ファルージャ総合病院のサミラ・アラーニ医師(小児科)によると
2009年以降の統計で三年半の間に1000人以上の先天異常の新生児が生まれた
発症率は約14.4%
先天異常の子が生まれた25の家族の毛髪を調査
全ての家族から化学汚染物質が検出
濃縮ウラン
WHOも去年からイラク保健省と合同で調査に乗り出している

日下部正樹氏は、
「ファルージャの戦闘については、当時私は国際ニュースの
デスクをやってたんで鮮明に覚えているんですけれども、
とにかく街を完全に包囲しての、いわば殲滅戦だったんですね。
メディアもシャットアウトされたから
実際にそこで何が起きたのかよく分からない部分が多い」

金平茂紀氏は、最後にこう締め括っている。
「高遠さん、人質事件が彼女の人生を変えたと思うんですよ。
それにもかかわらずずっと繋がり続けているのは、
僕は敬意を表したいと思います」

WHOも調査に乗り出したと聞いていたので、期待していたのだが、
イラク保健省と合同と聞いて、かなり不安になってしまった。

イラク保健省を現在はどの宗派が握っているのかは知らないが、
フセイン政権崩壊後、一貫してシーア派が握ってきた。
それもサドル派が握ってきた。
イラク政府はシーア派主導の政権であり、
スンニ派の影響力が大きくなってきたとは思えないし、
ますます、その逆、つまりシーア派主導政権と
スンニ派との角逐が激しくなっているように思える。

2010年にバズビー博士が初めてファルージャの現地調査を行った際、
イラク政府は国営放送を通じて調査に協力しないようにと放送さえしたのだから。
http://www.youtube.com/watch?v=qo7p-KbYM7Q&t=2m5s

現地ジャーナリストは、ファルージャのあるアンバール州の
保健衛生局とファルージャ総合病院に
イラク中央政府の保健省から公式文書が通達されており、その内容は、
出生異常に関連する医師のどんな発言も禁止するというものだといいます。
それは米軍がイラク政府の保健省に圧力を掛けているからだと。
SBSの取材班はバグダッドに戻り、保健省に取材を申し込みますが、
拒絶されます。
http://www.youtube.com/watch?v=THqzKpD9k6k&t=7m15s

ファルージャでの“先天異常”については、
スカイ・ニュース、ガーディアン、BBCなどが、ファルージャ総合病院を訪れ、
そこでのショッキングな映像や、ファルージャ総合病院の医師の証言を紹介して
ました。
であればこそ、ファルージャ現地での実態の調査こそが必要だったのです。
それがなかなか実現しなかったことは、現地での治安の問題と、
シーア派主導政権・米軍にとっては、気の進まないことだったから
なのではないかと推測しています。
現にバスビー教授の調査チームに対しても有象無象の“妨害”があったようです。
スカイ・ニュース、ガーディアン、BBCなどが次々と取り上げるので、
無視し続けることが困難になり、
WHOまでが現地調査を決定したことにより、
やっと事態が動き出したということなのだと私は解釈しています。
更には、イラクで劣化ウラン弾に関する国際会議が提案されていることで、
一歩一歩事態が進展してきていると思っています。

高遠菜穂子さんがファルージャ総合病院に一か月間も寝泊りして
現地実態調査を行ったということに対して敬意を表します。

あれだけのバッシングを浴びたにもかかわらず、
ファルージャ現地で、本当に焦点を当てるべき、
本当に必要なことに取り組んでいることに敬意を表します。

10年が経って米軍がイラクに残した大量の難民と奇形児やガンの異常発生
http://democracynow.jp/dailynews/2013-03-20

Ten Years Later, U.S. Has Left Iraq with Mass Displacement & Epidemic of Birth Defects, Cancers
http://www.democracynow.org/2013/3/20/ten_years_later_us_has_left

---------------------------------------------------------------------------------------------
(2013.4)
イラクで「障害児増加」の報告、米兵器が原因か
http://www.youtube.com/watch?v=LTiMqsH0lLY

イラクで「障害児増加」の報告、米兵器が原因か
http://megalodon.jp/2013-0420-0230-55/news.tbs.co.jp/20130419/newseye/tbs_newseye5310822.html

イラクで生まれつきの障害児増加 米兵器原因か、人権団体発表
http://www.47news.jp/CN/201304/CN2013041901001031.html

イラクで障害児が増加 兵器用重金属原因か
http://article.okinawatimes.co.jp/article/2013-04-19_48226

2013年イラク・ファルージャにおける先天性障がいに関する事実調査報告書
http://hrn.or.jp/activity/project/cat83/cat35/-10-2013/

2013/04/12 「イラク戦争はまだ終わってない」
現地の映像と共にイラクの被害実態を明かす~高遠菜穂子インタビュー
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/73711

---------------------------------------------------------------------------------------------

ファルージャで何が起きているのか
http://www.nhk.or.jp/wdoc/backnumber/detail/120905.html
http://www.veoh.com/watch/v37696553QneSgffy


‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐---------------------------------------------
(2010.8)
イラクの死に至る遺産(1)
http://www.youtube.com/watch?v=THqzKpD9k6k

Iraqi child cancer 'linked to US weapons'
http://www.sbs.com.au/news/article/1328172/Iraqi-child-cancer-linked-to-US-weapons
http://www.sbs.com.au/dateline/story/transcript/id/600687/n/Iraq-s-Deadly-Legacy

オーストラリアSBSは、イラク系オーストラリア人記者をイラクに派遣し
ファルージャやバグダッドで取材を行いました。
その全21分のレポート映像をネット上に公開しています。
前半10分では、ファルージャ現地の人々の発言、
墓地が足りなくなりサッカー場を墓地にした現場では、
多くの出生異常の子供達の墓が連なります。
ファルージャ総合病院の医師への取材では、
医師は出生異常の増加を認め調査の必要を説きつつも、
それ以上には突っ込んでは発言しません。
現地ジャーナリストは、ファルージャのあるアンバール州の
保健衛生局とファルージャ総合病院に
イラク中央政府の保健省から公式文書が通達されており、その内容は、
出生異常に関連する医師のどんな発言も禁止するというものだといいます。
それは米軍がイラク政府の保健省に圧力を掛けているからだと。
SBSの取材班はバグダッドに戻り、保健省に取材を申し込みますが、
拒絶されます。環境省は取材を受け入れます。
バグダッド中心部の旧イラク青年スポーツ省の建物は、
劣化ウラン弾の攻撃を受け、放射能除去作業を行いましたが、
現在でも残留放射能の反応が出ている現場をレポートに収めています。

後半は、イラク中心部にあり、現在も放射能が残留している
旧青年スポーツ省から程遠くない所にあるアルウィヤ子供病院を取材します。
目を背けたくなるような痛ましい赤ちゃん達が次々と映し出されます。
チグリス川を隔てた対岸にある小児ガン病院では
白血病の子供が増加しているといいます。
しかし具体的な数字については述べようとはしません。

---------------------------------------------------------------------------------------------
(2010.7)
劣化ウラン弾問題で国際会議
http://megalodon.jp/2010-0705-1019-21/www3.nhk.or.jp/news/html/20100705/k10015534971000.html

ファルージャの子供達が被る「遺伝子損傷」:Fallujah children's 'genetic damage'
http://www.youtube.com/watch?v=qo7p-KbYM7Q

Fallujah children's 'genetic damage'
http://www.bbc.co.uk/news/world-middle-east-10721562

パトリック・コウバーンが語るファルージャでのがん罹患率と乳幼児死亡率の上昇
http://democracynow.jp/dailynews/100729
最新の医学的研究により、2004年に米海兵隊が爆撃したイラクの都市ファルージャで、
乳幼児の死亡率、がん、白血病が急激に増えていたことが明らかになりました。
ロンドン・インディペンデント紙の中東通信員パトリック・コックバーンに話を聞きます。
http://www.youtube.com/watch?v=WH_x9I9NhkA

ファルージャ ヒロシマを上回る後遺症 白血病38倍増 米海兵隊 ウラニウム新兵器を使用か?
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2010/07/post-12f8.html
Toxic legacy of US assault on Fallujah 'worse than Hiroshima'
http://www.independent.co.uk/news/world/middle-east/toxic-legacy-of-us-assault-on-fallujah-worse-than-hiroshima-2034065.html
ファルージャ包囲攻撃が残した毒の遺産
http://teanotwar.seesaa.net/article/158353288.html

アメリカの戦争犯罪の結末-ファルージャの癌罹患率は広島よりひどい
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2010/07/--5085.html

英国はイラクで劣化ウラン弾を使ったことを認めた
http://teanotwar.seesaa.net/article/157283123.html
英国防相が劣化ウラン弾使用を認める
http://list.jca.apc.org/public/cml/2010-July/004965.html

アルジャジーラ「イラク人権省はDU弾使用をめぐり、英米に対し訴訟を起こす予定」
http://list.jca.apc.org/public/cml/2010-July/004966.html

Fallujah’s health fallout ‘worse’ than Hiroshima, Nagasaki
http://rawstory.com/rs/2010/0724/study-health-effects-felt-fallujah-widespread-nuking-hiroshima-nagasaki/

ファルージャ:広島より酷い
http://www.youtube.com/watch?v=i4RL3-5qS8U

http://www.youtube.com/watch?v=VAp7vlExcCM

"Falluja Worse Than Hiroshima "
http://arabwomanblues.blogspot.com/2010/07/falluja-worse-than-hiroshima.html
ファルージャの高レベルと低レベルの放射性地域の751家族4500人を調査。
それを他のアラブ三か国(クウェート、エジプト、ヨルダン)の非放射性地域と比較。

1)小児白血病は2004年以前と比較して40倍
 ヨルダンと比較しで38倍
 乳癌は2004年比で10倍
 リンパ性のガンは2004年比で10倍

2)乳児死亡率の大幅な上昇
 ファルージャの乳児死亡率は1000人中80人
 クウェートでは1000人中9人
 エジプトでは1000人中19人

3)細胞レベルの構造変化
 男児のX染色体の欠如
 ファルージャでは2003年には女児1000人に対し男児1050人の比率であった。
 2005年には女児1000人に対し男児350人の比率。

Press release: Genetic damage and health in Fallujah Iraq worse than Hiroshima
http://www.brusselstribunal.org/Fallujah020710.htm
2005年には女児1000人に対し男児850人の比率

ファルージャと、「広島の40倍」というキャッチーなフレーズ
http://nofrills.seesaa.net/article/155649531.html

http://asyura2.com/10/warb5/msg/288.html

---------------------------------------------------------------------------------------------

Cancer, Infant Mortality and Birth Sex-Ratio in Fallujah, Iraq 2005?2009
http://www.mdpi.com/1660-4601/7/7/2828/

2005年~2009年 ファルージャに於けるガン、男女別乳児死亡率

ファルージャでは先天性欠損症やガンの増加の事例が報告されていました。
2004年に米軍と地元勢力との間での激しい戦闘で
劣化ウランを含む新兵器が使用されたと非難されています。
2010年1月から2月にかけてファルージャの711の家を訪問し、アラビア語で
ガン、先天性欠損症、乳児死亡率について聞き取り調査を行いました。
サンプル総数は4843人で、回答率は60%以上でした。
ガンの相対的危険性は年齢別に標準化し、1999年のエジプトのガン登録所と
1996年から2005年のヨルダンの比率と比較しました、

---------------------------------------------------------------------------------------------

ファルージャの子供達:The children of Fallujah
https://www.youtube.com/watch?v=DKEFYpvAYtQ

ファルージャの子供達の悲劇:Tragedy of Children in Fallujah
http://www.veoh.com/watch/v19400649h83JHEGy

The children of Falluja
http://www.guardian.co.uk/world/video/2009/nov/14/falluja-children-iraq-conflict

Rise in deformities among Iraqi children
http://www.linktv.org/mosaic/20091119/mosaic-news-11-19-09-world-news-from-the-middle-east
http://www.linktv.org/scripts/episode_transcript.php?episode=mosaic20091119

ファルージャの子供達の悲劇

ファルージャの病院で今起きていること 2011.3
http://icbuw-hiroshima.org/?p=957

ファルージャで先天性異常が増加

(2010.3)
WHO がファルージャで新生児欠損症の調査を開始
http://teanotwar.seesaa.net/article/145342189.html

ファルージャで新生児欠損症が増えているのは米軍が用いた兵器のせい
http://teanotwar.seesaa.net/article/142796948.html

米軍との激戦地で出生異常多発=最新式兵器が原因?-イラク
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2010030400800

米軍激戦地で「出生異常」が多発 イラク中部ファルージャ
http://sankei.jp.msn.com/world/mideast/100304/mds1003042316004-n1.htm

Fallujah doctors report rise in birth defects
http://news.bbc.co.uk/2/hi/middle_east/8548707.stm

Fallujah doctors report growth in birth defects
http://news.bbc.co.uk/2/hi/middle_east/8549033.stm

Disturbing story of Falluja's birth defects
http://news.bbc.co.uk/2/hi/middle_east/8548961.stm

---------------------------------------------------------------------------------------------
(2009.11)
ファルージャで新生児の欠損症が激増
http://teanotwar.seesaa.net/article/133056055.html
Huge rise in birth defects in Falluja
http://www.guardian.co.uk/world/2009/nov/13/falluja-cancer-children-birth-defects

「私の子は目が見えない。食べることも話すこともできない。私は嘆く」
http://teanotwar.seesaa.net/article/133102303.html
'My baby was blind. She couldn't eat or speak. I mourn for her'
families' heartache over Falluja birth defects
http://www.guardian.co.uk/world/2009/nov/13/falluja-children-birth-defects

ファルージャの痛ましい病気...奇形、ガン
http://www.freeml.com/organizer-news/2021/latest?sid=1110f3a69a01ed0d8e6e3de31a6aebd5

ファルージャの新生児欠損症に関する請願署名
http://teanotwar.seesaa.net/article/133229248.html

Deformed babies in Fallujah/Iraq LETTER TO THE UNITED NATIONS
http://www.unobserver.com/layout5.php?id=6744&blz=1

Sadness Of Fallujah's Sick Children
http://news.sky.com/skynews/video?videoSourceID=2018543
https://www.youtube.com/watch?v=JC8uQp-FaS8

「特殊兵器」で赤児に降りかかる死の灰
http://www.geocities.jp/uruknewsjapan/2008_Dahr_Jamail_20080612.html

ファルージャでの奇妙な出来事 / ダール・ジャマイル
http://trans-aid.jp/viewer/?id=7275&lang=ja

---------------------------------------------------------------------------------------------

US ammunition blamed for Iraqi cancer hike - 12 Oct 09
http://www.youtube.com/watch?v=wnGz51kjHnE

イラクの医師達は、バグダッド南部で、ガン患者の衝撃的な増加を記録している。
バビル州では、ここ三年で10倍近くになった。
米軍の劣化ウラン弾が原因だと地元の人達は述べる。
この地域では、ガン症状は、2004年に500件、2006年に1000件。
2008年には7000件。
今年2009年には9000件以上となり、更に増加している。

Iraqi cancer figures soar
http://english.aljazeera.net/news/middleeast/2009/10/20091012122745236765.html

Interview: Abdulhaq Al-Ani on Uranium in Iraq
http://www.youtube.com/watch?v=O_id1uApYKk

イラクの劣化ウラン弾被害の子ども1
http://move.b-fx.net/modules/cinemaru/movie.php?id=6

<参照>
西谷文和氏のイラク現地報告
http://ima-ikiteiruhushigi.cocolog-nifty.com/iraq/2007/03/abc_de1e.html

---------------------------------------------------------------------------------------------

イラクで深刻な放射能・ダイオキシン汚染/汚染地域ではガンや先天性障害が多発 「ガーディアン」(1/22)
http://icbuw-hiroshima.org/?p=213

調査によると、イラクには高濃度の放射能汚染・ダイオキシン汚染が広がっている
http://teanotwar.seesaa.net/article/139714439.html

イラクは高レベルの放射能と毒物に汚染された
http://geocities.yahoo.co.jp/gl/uruknewsjapan/view/20100127/1264595957

Iraq littered with high levels of nuclear and dioxin contamination, study finds
http://www.guardian.co.uk/world/2010/jan/22/iraq-nuclear-contaminated-sites

劣化ウランがイラクを汚染する:Depleted uranium contaminates Iraq
http://www.veoh.com/watch/v19709294dbSq9MD5

Depleted uranium contaminates Iraq
http://www.linktv.org/mosaic/20100115/mosaic-news-1-15-10-world-news-from-the-middle-east
http://www.linktv.org/scripts/episode_transcript.php?episode=mosaic20100115

---------------------------------------------------------------------------------------------

アルジャジーラ、劣化ウラン問題特集を放送 1/1-1/4
http://icbuw-hiroshima.org/?p=218

Iraqi doctors demand cancer probe
http://english.aljazeera.net/programmes/insideiraq/2010/01/20101371048370420.html

Inside Iraq - Cancer fears - 1 Jan 10
http://www.youtube.com/watch?v=S-u2VW4XymA

子どもの白血病がイラク南部で倍増している
http://www.jca.apc.org/~kmasuoka/places/iraq100223.html

International study confirms doubling of childhood leukemia rates in southern Iraq
http://www.eurekalert.org/pub_releases/2010-02/uow--isc021610.php

Nerve agents could be to blame for tripling of child leukaemia in Basra
http://www.timesonline.co.uk/tol/news/world/iraq/article7033011.ece

Birth defects on the rise in Falluja
http://cnn.com/video/?/video/world/2010/05/10/ctw.jamjoom.falluja.birth.defects.cnn

Army to be sued for war crimes over its role in Fallujah attacks
http://www.independent.co.uk/news/world/asia/army-to-be-sued-for-war-crimes-over-its-role-in-fallujah-attacks-1961475.html

<参照>
小児がんに苦しむイラクの子供達
http://ima-ikiteiruhushigi.cocolog-nifty.com/iraq/2009/02/post-6485.html

|

« 米兵のタクシー:イラク空輸活動の公文書を防衛省が全面開示 | トップページ | 2010.3 イラク総選挙前情勢 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60446/46471559

この記事へのトラックバック一覧です: ファルージャで何が起きているのか / ファルージャの子供達の悲劇:Tragedy of Children in Fallujah:

« 米兵のタクシー:イラク空輸活動の公文書を防衛省が全面開示 | トップページ | 2010.3 イラク総選挙前情勢 »