« 魑魅魍魎 | トップページ | Interview with Moqtada al-Sadr (Newsweek) »

2006.05.02

クルド:少数民族の悲哀からの脱却を目指して

クルド民族は、確かに、「自らの祖国を持たぬ最大の民族」であり、
「悲劇の民族」だとは思いますが、
クルド人同士の長年の内紛もまた事実です。
イラン、イラク、トルコ、シリア内のクルド人達は、
相互に抗争を繰り広げてきました。

クルドは各国内においては、常に少数派、反主流派、反政府勢力でした。
大国は、敵国内のクルドを駒の一つとして政治的に利用してきました。
もちろんクルド側もそんなことは重々承知の上、そういう意味では、
相互に利用し合う関係でした。
しかし、大国の思惑によって翻弄されるのは、いつもクルドです。
イラクのフセインとパーレビのイランが手打ちという事態になると、
それまでイラクのクルドに軍事的・経済的支援をしていた
イランとアメリカの支援が急に停止し、
イラクのクルドはイラクのフセインにあっけなく壊滅させられました。

イラクで勢力を二分してきたKDP(クルド民主党)とPUK(クルド愛国同盟)は
長年武力抗争を続けてきました。
特にひどいのは、96年には、KDPが対立するPUKと闘う為に、88年に化学兵器で
クルド人を大量虐殺したフセインその人とも共闘したという事実です。
もちろん、湾岸戦争後に「フセインへの決起」を呼びかけ、その呼びかけに
応じて蜂起した、シーア派やクルド人をアメリカは見殺しにしたという事態も
また背景の一つにあります。
クルドの対立を煽り、内紛につけ込むというフセインの策略もあるでしょうが、
クルド人側にも大いに問題点が多々あったと思います。

クルド両派の対立の原因は、農地改革に反対する大土地所有制維持の、部族的
忠誠心を核とするKDP(バルザーニ派)と、土地改革を推進しようとする勢力、
都市知識人を中核とするPUK(タラバーニ派)の対立。
サダムフセインの軍に加わったクルド人は裏切り者=ジャシュと呼ばれました。
しかし、民族解放の美名の下に党利を優先させ、住民を犠牲にしてきたクルド
両派を批判し、あえてサダムに協力した部族もあったそうです。

またKDPは、イラク領内のPKKのキャンプの掃討作戦に
トルコ軍を導き入れたりもしました。
(力関係から止む無くだったのか、内発的意思からなのかは分かりませんが)


さて、このような従来のクルドが様変わりしました。
イラクでは、クルドは、少数派であるとはいえ、反主流派ではなく、
反政府勢力でもなく、クルドとしては、おそらく初めて政府側に立ちました。
タラバーニ氏は、名誉職とはいえ、イラクの大統領、国家元首です。
そして現在、イラクのクルドは、混迷を深めるイラクにあって、
『一人勝ち』とも言われる程、経済的繁栄を謳歌し、
自治権という政治的権利を享受しています。

これにより、従来のクルドのあり様が変わり始めました。
大国により政治的に利用される駒ではなく、
一個の国際的政治勢力として台頭してきたのです。
イラク北部のクルド自治区を拠点として、
各国のクルドは、反政府活動の一時的避難場所としても活用しているようです。
イラクのクルド自治政府として、トルコやイランと
ことを構えるつもりはないとは推測しているのですが、
同じクルド人として、一時的政治的避難場所を提供するくらいのことは
やるのだと推測しています。
つまり、避難場所は提供するが、彼らを利用して、
トルコやイランに攻め込ませるということまで画策しているとは思えません。
そんなことをしたら、イラクでの現在の地位が危うくなります。
とはいえ、イラクのクルド自治区から、トルコやイランに出撃して来ると、
トルコやイランには見えるということもまたそうなのだろうと思います。

まあ現在は、まだそれ程深刻な事態にまでは至っていないとは思います。
今はまだ、『ジャブ』を繰り出して、牽制したというレベルだと思っています。
それが更にエスカレートする可能性までをも否定はしませんが。


今回のことで、クルド自治政府の人達は、イラクで内戦状態になれば、
イラクのクルド人はまたまた全てを失うことになってしまうということを
改めて実感したのではないでしょうか。
イラクが本格的内政状態になれば、国内で戦わねばならないだけでなく、
支援国を持たないクルドは、トルコや、悪くすればイランとも戦わねば
ならないとなれば、即座に壊滅的打撃を受けることになるでしょうから。

つまりイラクのクルド人は、何としてもイラクの内戦を阻止せねば
ならないのです。第一に自らの為にです。
たとえ最悪の情況になっても、スンニ派かシーア派か、
どちらかと同盟しなければならないと計算しているかもしれません。

トルコのクルド人は、イラクのクルドに学んで、合法的な自治権要求運動に
限定して、統一して取り組めばよいのにと歯がゆくて仕方ありません。
現在のトルコはEU加盟が第一の国家戦略ですから、トルコ国内のクルドが、
合法的な自治権要求運動に限定すれば、弾圧する口実がありません。
EUの手前、強権的に弾圧することもできません。
PKKのような過激なテロをも行う路線を採ってくれた方が、トルコ軍部としても
対PKK掃討作戦を行う立派な口実ができるし、軍部の存在感を示せるし、
軍部存続の意義をトルコ国民に再確認させることもできるのですから。
ですから、トルコ軍部にとって厄介なのは、むしろトルコのクルドが
合法的な運動に限定して展開することだと思います。


長年の課題を果たしたクルド人
http://www.janjan.jp/world/0605/0605134335/1.php

Turkish Armed Forces Strike PKK Camps in N. Iraq
http://www.zaman.com/?bl=national&alt=&hn=32593

The Turkish armed forces have launched their first military operation
along the Iraqi border where Turkish troops have concentrated for days.
トルコ軍はイラク国境に沿って最初の軍事行動を開始しました。

The Northern Iraqi cities of Amedi and Zaho, sheltering Kurdish Workers'
Party (PKK) militants, were hit with mortar attacks in
“Operation Crescent.”
北イラクの Amedi と Zaho 市は、クルド労働者党(PKK)闘士を保護して、
「オペレーション三日月」で迫撃砲攻撃で悩ませられました。

First reports say that locations where militants were lodged in
the regions of Geliye, Pisaxa, Pirbela, Sheshdara, Sheranish and Elanish
were demolished.
The "Burgundy Beret"units performed a recognizance mission in the area
a while ago as part of the Special Forces Command.
Troop deployment to the region from different parts of the country
continues.
Along with the transfer of commandos, heavy construction equipment is
also being brought to the border for use during a possible cross-border
operation.

The Iranian military extended their operation 10 kilometers to maintain
security along the border.
イラン軍は境界に沿って保全を保守するために10キロメートル、
オペレーションを拡張しました。

A security cordon has been established to ensure the safety of troops
that check not only Mt. Cudi, but other passages and routes for safety.
There is also top-level security present en route to the Border Gate
Habur-2.

In another development, Kurdish militias (Peshmergas) under
the leadership of Massoud Barzani tightened security measures along
the Northern Iraqi border.
バルザニの指導体制下のクルド市民軍(Peshmergas)が
北イラクの国境に沿って保全処置を強化しました。

On Thursday, a statement from Barzani called attention to a plea for
cessation of external intervention in Iraq's domestic affairs.
The need for agreement between officials from both Turkey and North
Iraq was stressed.

Mehmet Gunes,a truck driver, said something interesting while on routine
transit through the Border Gate Habur. "We are well accustomed to seeing
such things. It’s the media that magnifies what we consider normal,
I think." Gunes also said that the truck drivers are not having any
problem transiting border gates for the moment.
トラック運転手Mehmet Gunesは境界ゲート Habur を通して型通りの通過の間に
面白いことを言いました。
「我々は十分にこのようなものを見ることに慣れています。
それは我々が見慣れたことと思うものを過大視するメディアです」
Gunes は同じくトラック運転手が差し当たり境界門を横断するのに、
てこずっていないと言いました。

There is not any unusual military activity going on here against
North Iraq, said Gunes, and some residents here are still unaware of
the recent developments.
The Operation Crescent, a cross-border operation, is remarkable for
one other thing: the exclusion of village guards from the operation.

Iraq says Iran shelled Kurdish area (ALJAZEERA)
http://english.aljazeera.net/NR/exeres/4B9A994D-91DB-4E2C-B51A-A73C19DC3A99.htm

For around a year, Iran has been battling border infiltrations
by a group called Pejak, which Tehran says is linked to the PKK.
約一年間、イランはテヘランが PKK に関連があると言う Pejak と呼ばれる
組織による国境侵犯と戦ってきました。

Recently, Turkey had deployed more than 30,000 additional troops
in the southeast along its rugged border with Iraq and Iran to fight
the Kurdish guerrillas and to stop them from coming across the frontier.
最近、トルコはクルド人のゲリラと戦い、彼らが国境を超えるのを阻止する為に
既にイラクとイランとの入り組んだ国境に沿って、南東部で30,000人以上の増派
部隊を配置していました。

The Turkish deployment, which has been going on for several weeks,
boosts a large garrison in the region that by some estimates tops
250,000 soldiers.
数週間続いていたトルコの派遣は最大250,000人と見込まれる兵士で
地域で大きい駐屯地を支援します。


Families Flee Iranian Shelling on Kurdish Rebels in Iraq
http://www.aawsat.com/english/news.asp?section=1&id=4771


Iran 'attacks Iraq Kurdish area'
http://news.bbc.co.uk/2/hi/middle_east/4960478.stm


クルド勢力にイラン・トルコが軍事圧力…独立波及警戒
http://www.yomiuri.co.jp/feature/fe4500/news/20060501id22.htm

イラン軍がイラク領侵入・クルド武装勢力掃討
http://www.nikkei.co.jp/sp1/nt57/20060430STXKA033030042006.html
http://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/mideast/afterwar/

Kurdistan: Dangerous Passage
Turkey embraces 'hot pursuit' in northern Iraq.
http://www.msnbc.msn.com/id/12555396/site/newsweek/
http://kurdistanobserver.servehttp.com/may2006/1-5-06-kurdistan-dangerous-passage.htm

Compared with the rest of the country, Iraqi Kurdistan has been a haven
of stability?still subject to insurgent bombings, but generally free of
the kind of sectarian violence that has racked Baghdad and other major
cities in recent weeks. But tensions are rising. Shia militiamen from
Moqtada al-Sadr's Mahdi Army have begun moving into oil-rich Kirkuk,
claimed as part of Kurdistan. In neighboring Iran last month some 10,000
troops attacked PKK-affiliated rebels who defy Tehran's rule in the
region. And the Turks have grown increasingly frustrated with the 5,000
guerrillas holed up at Kandil. Over the last two months, the PKK and its
political affiliates have stepped up violence inside Turkey to levels
not seen in a decade. At least eight government troops were killed in
a series of ambushes in Turkey's southeast; two bombs linked to the PKK
were planted in Istanbul and, last month, 14 civilians were killed as
Kurdish cities all over the southeast erupted in violence.
イラク国内の他の地域と比較して、イラクのクルディスタンはここ数週間で
バグダッドと他の主要都市を苦しめた派閥の混乱とは無縁で、
安定した天国でした。
しかし今緊張が高まっています。
Moqtada アル・サドルのマハディ軍からの Shia 民兵が、クルディスタンの
一部と主張され、石油に富んだキルクークに派遣され始めました。
隣接するイランで先月およそ10,000人の兵士が地域で
テヘランの規則を拒絶するPKK関連反抗者を攻撃しました。
そしてトルコ人は Kandil で閉じこもっている5,000人のゲリラに
フラストレーションを高めています。
過去2か月にわたって、PKKとその政治的な関係団体は
この10年で見られたことがないレベルへのトルコでの暴力を増大しました。
少なくとも8人の政府軍が一連の待ち伏せでトルコの南東で殺されました。
PKKにリンクされた2つの爆弾がイスタンブールにこっそり置かれました、
そして先月、南東中いたる所のクルドの都市が暴力で噴出した時、
14人の文民が殺されました。

Washington is caught between two allies?NATO member Turkey, its closest
friend in the Muslim world, and the Iraqi Kurds, its closest ally within
Iraq. By rights, of course, dealing with the PKK "should be the
responsibility of the Iraqi government," as a senior Iraqi official puts
it, not wishing to speak publicly on security matters."We will not allow
any PKK attacks on [Turkey] from our soil. But the limits on the central
government are obvious. According to one U.S. official, also not wishing
to be quoted on such a sensitive topic, Washington has been trying to
pressure Iraq's Kurds to crack down on the PKK themselves, before Ankara
steps up its campaign. U.S. Ambassador Zalmay Khalilzad has several
points of leverage. One is that the Kurds are desperate to have a more
or less permanent American military base on their territory as insurance
against a future anti-Kurdish regime in Baghdad. Another is that the
Kurds will need U.S. help to contain any Shia designs on oil-rich Kirkuk
Also, they need Washington's support in any deal on the parceling out of
the country's future oil revenues.
ワシントンは2つの同盟国の間に板ばさみになっていますか?
NATOメンバーであり、イスラム教の世界でその最も親密な友人であるトルコと、
イラクの中の最も近い同盟者であるイラクのクルド人。
当然の権利によって、もちろんPKKと交渉することは
「イラクの政府の責任であるべきです」と上級のイラクの当局者
「我々は我々の土地からトルコに対するPKKの攻撃を許さないでしょう。
けれども中央政府に対する限度は明白です。
アンカラがそのキャンペーンを増す前に、ワシントンはイラクのクルド人に
彼ら自身が PKK を厳しく取り締まるよう圧力をかけようとしていました。
米大使 Zalmay Khalilzad は数ポイントの効力を持っています。
一つはクルド人がバグダッドで将来の反クルドの体制に対して保険として
彼らの領土に永久の米軍基地を持つことに必死であるということです。
もう一つはクルド人が合衆国を必要とするであろうということです。
石油に富んだキルクークへのどんなシーア派の企みに対して助けとなってもらい
将来の石油収入を分配することについてのどんな取引ででもワシントンの
サポートを必要とします。

Kurdistan Observer
http://kurdistanobserver.servehttp.com/

このサイトのHome の左端にある The Amed Uprising という
10分位のムービーを観ました。
今年三月下旬の映像ですね。
平和的なデモに対して、
まあ群集の四、五人が投石はしていますが、
もうそれだけで治安部隊は発砲してくるんですね。
あれは、実弾なんでしょうか?
まあ、何人も殺害されているので実弾なんでしょうね。
NHKBSのニュースで流されてた映像では、
群集側も火炎瓶を投擲し、装甲車が燃えているのを観ました。

|

« 魑魅魍魎 | トップページ | Interview with Moqtada al-Sadr (Newsweek) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60446/9858612

この記事へのトラックバック一覧です: クルド:少数民族の悲哀からの脱却を目指して:

« 魑魅魍魎 | トップページ | Interview with Moqtada al-Sadr (Newsweek) »