« ジャファリ首相続投問題 | トップページ | 米軍はスンニ派地域からは撤退を »

2006.03.05

Iraqi blogs tell of violence, hope

Iraqi blogs tell of violence, hope
http://english.aljazeera.net/NR/exeres/314EA524-4FF3-4993-A7D2-C4B90D09F047.htm


イラクもブログ時代に突入 意見発表、情報収集で活躍
http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__1749591/detail

「ブログを通じ国内外から西側メディアなどが報じない情報も
流されているという。

そうしたブログを持つイラク人のサラム・アディルさん(38)は現在
英国に住み「英BBC放送や当地の新聞が伝えるイラク情報をブログ情報と
比較してみると、全く違う世界が見えてくる。
西側メディアは別世界の報道機関のように思えてしまう」と話している。

バグダッド在住のスンニ派教徒のゼヤドさん(27)は自身のブログを通じ
「自宅前で今、銃撃戦が展開されている」と発信、「銃撃戦はすでに3時間にも
及び近所に伝わる情報では黒装束の集団がこの地区への侵入を図っている。
銃を手にした子供達がモスクに立てこもり、動くもの全てに銃弾を浴びせ
同時に住民に彼らに協力しモスクを死守するよう呼び掛けている。
外出禁止令は全く守られていない」と緊迫した状況を伝えている。

外国メディアで働くジャーナリストが持つ「ブログ、バグダッド・トレジャー」
も厳しい状況を
「銃撃、爆発が近所で続いている。生きた心地がしない。これは戦争だ。
もう十分だ」などと現在進行形で身近に起きている出来事を発信している。
続けて「イラクには平和も民主政治も期待できない。
自由、危険よりも圧政でも安全な生活を欲しい。
自由、民主政治のスローガンはもううんざりだ」と悲痛な叫びも挙げている。

「自由への24歩」と名乗るブログは、「暴力の嵐が吹き荒れているが
イラク国民はそれでも希望を失ってはならない」と国民を鼓舞
同時に外国メディアがイラク国民の真実を伝えていないと批判している。

この女性は「ブログこそがイラク人社会の現実を伝えている。
さまざまな意見が寄せられている」と話す。

また「フリー・イラク」は「現在の暴力を、自らの利益しか考えない政治家
たちの責任で、民族と自宗派にこり固まっている」と痛烈に非難している。

イラクには現在約200のブログが作られ、そのほとんどは豪州人女性が
運営する「イラク・ブログ・カウント」に載っている。

こうしたブログ流行について、サラム・パックスは「ブログが世界を変えるとは
思わないが、情報の発信、意見交換の場として役立つ」とし、今後もブログを
通じた相互理解の促進に期待を寄せている]

Falluja April 2004 the book
「サマラ危機」イラクのブロガーたちの伝えていること(1)(2)(3)
http://teanotwar.blogtribe.org/entry-a2d6676083d4a6a6b463c99aea985c96.html

Peace On Iraq:「聖廟爆破後 続き」3/3
http://peaceonyatch.way-nifty.com/peace_on_iraq/2006/03/post_b295.html

「バグダードの友人から届く情報によると
市内各所で戦闘の音が止まず事態はさらに悪化しているようだ。

先日の続き。友人の父親は外出禁止令の中、何とかモスクでの礼拝を済ませて
きた。するとモスクに米兵がやってきて、「もしイラク警察が米軍とは別で
単独でモスクに入ろうとしたら、たとえ銃を使用してでも彼らを中に入れない
ように」と警告されたという。どういうことか?

つまり今はイラク警察までもが各地でモスクを爆破したりしているというのだ。
2月27日には、ドーラ地区内のその友人の住む地域に、なんと50台ものパトカー
がモスクを破壊しようとやってきたので、地域の人々皆で銃を取って追っ払った
らしい。何人か警察側に犠牲者も出たという。

このように、今では警察がもう信じられないどころか、あからさまに攻撃して
くる始末であるから、市内どこでもみな自警団のようなものを組織して
24時間体制で地域を守っているという。

夜になれば、スンナ派地域からシーア派地域にめがけて迫撃弾攻撃、そして
シーア派地域からはスンナ派地域への攻撃がやまない。両派が混在している地域
では、お互いが疑心暗鬼になり、商売も営めず軒並みシャッターが下りている。
友人の弟も怖くて仕事場であるお店まで行くことが出来ないそうだ。
こんな状況なので、ほとんどの子どもたちは学校に通うことすら出来ていない。

友人は、スンナ派モスクを破壊している連中の中心は、サドル師の民兵
マハディ軍だと言う。先日バグダードから東にあるスンナ派地域のサルマンパク
では、シーア派警察が町に侵入しようとしたところ、サルマンパク地区の警察と
銃撃戦になった。シーア派警察は犠牲者を出しながらもなんとか逃げ切って
今度はマハディ軍を引連れて再び挑み、サルマンパクの警察を皆殺しにした
そうだ。

これまでどんなに煽られても、幾度も内戦の危機を乗り越えてきたイラクの人々
しかし今回ばかりはこれまでとは明らかに違うと、友人も恐れの色を隠せない」

|

« ジャファリ首相続投問題 | トップページ | 米軍はスンニ派地域からは撤退を »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60446/8945792

この記事へのトラックバック一覧です: Iraqi blogs tell of violence, hope:

« ジャファリ首相続投問題 | トップページ | 米軍はスンニ派地域からは撤退を »