« 日米地位協定 | トップページ | 標的の村 国に訴えられた沖縄の住民たち »

2013.04.30

主権回復の日:沖縄・奄美の人々の声 / 5・15 沖縄県民大会 元慰安婦の訴え(沖縄・広島)

オキナワと4・28~主権回復か屈辱か~
http://www.tv-asahi.co.jp/telementary/contents/backnumber/0508/
http://www.youtube.com/watch?v=XBWYPny95XA

翻弄される沖縄 歌に込めた思い
http://www.qab.co.jp/news/2013051743273.html

"艦砲ぬ喰ぇー残さー" 歌に込めた思い
http://www.youtube.com/watch?v=8I8pmwdq0DE

主権回復の日:沖縄・奄美の人々の声
http://www.dailymotion.com/video/xzfqdr

http://www.youtube.com/watch?v=ILvtwqKY33I

沖縄 “屈辱の日” 政府式典に1万人が猛抗議
http://www.youtube.com/watch?v=IA7An94D53I

沖縄「屈辱の日」、政府式典に抗議の大会
http://megalodon.jp/2013-0429-1447-28/news.tbs.co.jp/20130428/newseye/tbs_newseye5318674.html
「戦争で沖縄がどんなに苦しい思いしたか知らないのに、
主権回復のお祝いとか言ってるけど。怒り心頭だね」
「子どもたちが将来、そういう日があったことを振り返って思い出してくれて、
沖縄が基地のない島になってもらえたら」(参加者)

沖縄、政府式典に抗議「屈辱の日」大会
http://megalodon.jp/2013-0429-1446-30/news.tbs.co.jp/20130428/newseye/tbs_newseye5318412.html
「なんで沖縄は『屈辱の日』といって怒りに燃えているのに
こうはお祝い気分で、そういうの本当に嫌ですね」(参加者)
「(日本という)親元に帰ったつもりなんだけど、
親に捨てられたこの気持ち分かりますかね」(参加者)

「がってぃんならん!」「屈辱の日」大会に多くの参加者
http://www.qab.co.jp/news/2013042942878.html
参加者はそれぞれ
「地位協定さえ改定出来ないのに、主権をお祝いしようなんて反対しています」
「歴史認識のない人が首相であることが呆れてものが言えない」
と話していました。

沖縄 主権回復式典に抗議の大会
http://megalodon.jp/2013-0428-1547-04/www3.nhk.or.jp/news/html/20130428/k10014246581000.html
昭和47年まで本土復帰の運動を続けたという沖縄県恩納村の66歳の男性は
「政府が今、なぜ主権回復を記念して式典を開くのか理解できません。
アメリカ軍基地に伴う負担を考えると、
主権が回復しているとはとても言えないのではないか」と話していました。
また、中城村からひ孫を連れて大会に参加した66歳の女性は
「政府主催の式典には反対で、ことばも出ないくらいです。
4月28日が、沖縄にとっていかに屈辱的な日だったかということを、
孫やひ孫にも伝えていきたい」と話していました。
沖縄が本土に復帰した昭和47年に生まれたという豊見城市の40歳の男性は
「基地があることが当たり前という状況のなかで育ってきたが、
やはり、沖縄は本土よりも基地の負担が重く、平等ではないと思う。
基地問題を解決することなく、政府が式典を開くことはとても残念です」
と話していました。

主権回復記念式に抗議の大会
http://megalodon.jp/2013-0428-1541-27/www.nhk.or.jp/lnews/okinawa/5093947251.html

街頭では疑問の声多く出る
http://megalodon.jp/2013-0428-1950-04/www.nhk.or.jp/lnews/okinawa/5094108761.html
那覇市に住む70代の女性は、
「沖縄にとっては日本から切り離された『屈辱の日』だという印象を持っています。
この日に政府が式典を開くのは考えられない」と話していました。
また、那覇市の40代の男性は、
「今回の式典は、県民の気持ちをないがしろにするものです。
ただ、沖縄にとってどのような日なのか知らない人も増えていると思うので、
逆に知ってもらうという意味ではよかったのかもしれません」と話していました。

「屈辱の日 沖縄大会」政府の式典に抗議集会
http://megalodon.jp/2013-0428-1552-45/news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000004454.html
参加者:「屈辱の日ですから。
政府は主権回復の日だと言っているが、明らかに違うでしょと」
「親(日本に)捨てられた苦しみ、悲しみ、分かって頂きたい。
沖縄は本当に差別されていますよね、いまだに」

「屈辱の日」沖縄で政府式典への抗議集会
http://www.news24.jp/articles/2013/04/28/07227629.html
参加した人「主権が果たして沖縄にあるのだろうか、という大きな疑問がある。
日本も含めて」

政府の主権回復記念式典に抗議する大会 沖縄・宜野湾市
http://megalodon.jp/2013-0428-1555-17/www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00244991.html
参加者は、「沖縄には(米軍)基地がたくさんあるような中で、
主権回復と本当に言っていいのかどうかというのがあって」
「沖縄にとっては、本当に『屈辱の日』というんですかね。
本当にもう、悔しい思いですよ」と話した。

主権回復式典:沖縄「がってぃんならん」抗議集会「屈辱の日」沖縄大会、立ち見の輪
http://mainichi.jp/select/news/20130429ddm041010138000c.html
http://megalodon.jp/2013-0429-1501-07/mainichi.jp/select/news/20130429ddm041010138000c.html
「政府式典は、沖縄戦と、米軍による統治を強いられた私たちへの侮辱ですよ」
集会に参加した名護市の自営業、具志堅勝子さん(74)は言った。
1945年の沖縄戦終結時は小学生。
校舎を米軍に接収され、地面をノート代わりに学んだ。
本土に復帰した時は喜びもあったが、その後も基地問題は変わらず「だまされた」。
名護市は日米両政府が米軍普天間飛行場の移設先にしている。
「基地を押しつけるばかりで私たちには主権もない」
具志堅さんは語気を強めた。

「政治家は歴史を学ぶべきだ」。舞台に立った名護市の稲嶺進市長の演説に、
那覇市の大田朝成さん(85)はうなずいた。
16歳で旧海軍予科練に志願して沖縄を離れた。
戦後間もなく帰郷する船から見た夜の古里は、米軍施設だけが光っていた。
「もう少しの我慢で米軍は出て行く」と考えていたが、
サンフランシスコ講和条約発効で沖縄は切り離された。
そして今年、政府は沖縄分離の日に式典を開いた。
「歴史の受け止め方の違いも気付かない。
政府は沖縄の怒りをあおり独立させたいのではないでしょうか」といぶかった。

会場には若い世代の姿も。
宜野湾市の高校1年、田原初さん(15)が3月まで通った中学は、
米軍垂直離着陸輸送機オスプレイが配備された普天間飛行場の近くだった。
「屈辱の日」はテレビで初めて知ったといい「中学では米軍機が飛ぶと爆音で
授業が中断することもあった。そんな沖縄に主権はないと思う」と話した。

政府主催の「主権回復式典」に抗議 沖縄で1万人が集会
http://www.asahi.com/politics/update/0428/SEB201304280001.html

屈辱の日沖縄大会
http://www.rbc.co.jp/wmv/0429-02.wmv

4.28 3世代で参加した男性
http://www.rbc.co.jp/wmv/0429-03.wmv

沖縄の運命決めた条約
http://www.rbc.co.jp/wmv/0426-03.wmv
日本の独立と引き換えに沖縄をアメリカの統治下に置き続けることを定めたサン
フランシスコ講和条約の第三条についてある軍用地主の思いを通して考えます。

それぞれの4・28 「痛恨の日」奄美の思いは
http://www.qab.co.jp/news/2013042642850.html

それぞれの4・28 復帰後世代 小波津正光さん
http://www.qab.co.jp/news/2013042542817.html

それぞれの4・28 鳩山元総理 越えられなかった「壁」
http://www.qab.co.jp/news/2013042442791.html

それぞれの4・28 屋良元知事秘書 大城盛三さん
http://www.qab.co.jp/news/2013042342763.html

緊急世論調査 「主権回復の日」県民はどう思う
http://www.qab.co.jp/news/2013042242740.html

主権回復の日 反発広がる沖縄の声
http://www.youtube.com/watch?v=CtAiYgqJALw

主権回復の日 反発広がる沖縄の声
http://megalodon.jp/2013-0424-2300-06/www.bs11.jp/news/59/
サンフランシスコ講和条約発効から61年となる今年、
4月28日に政府主催で開かれる 「主権回復の日」の記念式典。
しかし、この日は米国の占領が終わった日であると同時に
沖縄、奄美、小笠原が本土から切り離されて米国の統治下に置かれたため、
沖縄では「屈辱の日」と呼んでいる。
沖縄はその後20年に及ぶ米国統治を経て、72年5月15日に本土復帰を果たした。
今に至る米軍基地の過度な集中とそれに対する沖縄の怒りの原点を探る。

主権回復の日
http://www.youtube.com/watch?v=jUAHECSumZ4

---------------------------------------------------------------------------------------------

5・15 沖縄県民大会 元慰安婦の訴え(沖縄・広島)
http://www.dailymotion.com/video/x102mm2

http://www.youtube.com/watch?v=vwuuRUHlYfE

平和行進 基地負担軽減求める
http://megalodon.jp/2013-0520-0510-46/www3.nhk.or.jp/news/html/20130519/k10014685921000.html

平和行進最終日で集会
http://megalodon.jp/2013-0520-1336-48/www.nhk.or.jp/lnews/okinawa/5094395221.html

5・15県民大会 基地のない沖縄訴える
http://www.qab.co.jp/news/2013051943298.html
沖縄から参加した男性は「その思いを忘れないために、
子供たちにも平和というものを伝えていきたいなと思います」と話し、
三重県から参加した女性は「沖縄の皆さんの気持ちを思えば、この雨は、
文字通り『なんくるないさぁ』のものだと思います」と話ていました。

大雨の中「平和な地を!」訴え
http://www.qab.co.jp/news/2013052043312.html
大阪から来た男性「今憲法改正とかで安倍政権に代わってから、
戦争に進んで行っているムードがすごく強いと危機感を感じているので。」

県内女性「将来がある子どもたちのためにも、そういう危険が伴う生活は
させたくないので、そういうものいらないですね。」

県内男性「沖縄の現状を見て、ぜひ基地の縮小撤去をしてほしいと思います。」

新潟から来た男性「県民の皆さんがやはり本土の方と
だいぶ違うなという気持ちが分かりますよね、伝わってきます。」

県内女性「私たち沖縄に住んでる人は、闘わないといけない、大変ですよ。」

崎山嗣幸実行委員長
「果たして、この日本の国、この沖縄は主権国家といえるのだろうか。」

県内男性「雨の中大変疲れたんですけど、疲れた思いを
一歩一歩踏みしめて歩いたんで、その思いを忘れないために、
子供達にも平和というのを伝えていきたいなと思っています。」

三重県から来た女性「沖縄には大変基地が多くて、本土からも、三重県に
戻ってからも基地の多さを皆さんに発信していけたらいいなと思います。」

平和行進
http://www.rbc.co.jp/wmv/0520-01.wmv

元慰安婦「日本政府は謝罪を」沖縄で訴え
http://megalodon.jp/2013-0520-0514-05/news.tbs.co.jp/20130519/newseye/tbs_newseye5335977.html
「若い少女が、幼い少女がこの世に生まれて、自分の夢を花開くことさえでき
ないまま性奴隷となり、踏みにじられたことを皆さん是非考えてみて下さい。
今の政府が悪いわけではないとしても、過去の政府、日本軍、過去の天皇が
間違いを犯したならば、今の政府が立ち上がって問題を解決しないといけない」
(元従軍慰安婦 金福童さん)

「悔しい、早く死にたい」元慰安婦が証言
http://megalodon.jp/2013-0520-0513-07/news.tbs.co.jp/20130519/newseye/tbs_newseye5335978.html

元従軍慰安婦“橋下発言”に「過去の真実を…」
http://megalodon.jp/2013-0520-0517-18/news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000005546.html
金福童(キム・ボクトン)さん(87)は1941年、14歳の時、軍服工場での
労働だとだまされ、台湾や中国などアジア各地の戦場に連れて行かれて
日本軍の慰安婦として働かされたということです。
金さんは、「踏みつけにされ、いまだに謝罪を受けられない悔しさが分かるか」
と訴えました。
日本国内で憲法を変える動きがあることについて、
「戦争の準備をしているのではないか。
日本は過去を正して、堂々とした国になるべきだ」と述べました。

広島市で集会 元従軍慰安婦が講演
http://megalodon.jp/2013-0520-1348-02/news.rcc.ne.jp/?i=MjA3MzI
mms://stream.rcc.ne.jp/news/20732_L.wmv

元慰安婦の女性県民大会へ「戦争のない平和な地を」
http://www.qab.co.jp/news/2013052043303.html
「日本政府は憲法を変え戦争ができる国にしようとしているが戦争が起きれば
子供達も被害に遭う。力を合わせ平和な地をつくってほしい」と訴えました。

金福童さん 戦争のない平和な地を
http://www.qab.co.jp/news/2013052043314.html
「軍服を作る工場で働くことになると言われました。
1人、2人を相手するのではなく、
土曜日は正午から夕方5時まで部屋の前には軍人が列を作ります。
8年間も軍人たちに奴隷にされ、踏みつけられる生活を送って来ました。
未だ一言も謝罪を受けていない、この悔しさがわかりますか」

「幼い少女がこの世に生まれ、花開くことさえできないまま、
奴隷のように扱われ、踏みにじられたことを考えてください。
現在の日本政府は憲法を変えて、戦争のできる国にしようとしています。
皆さんが力を合わせ、今の総理や橋下大阪市長が私たちに暴言を吐くことが
ないようにしてください。戦争のない平和な地をつくってください。」

復帰とは? 若き教師の模索
http://www.youtube.com/watch?v=spa4xWcgtY8

68年経っても残る沖縄戦の傷 晩発性PTSDに苦しむ人々
http://www.youtube.com/watch?v=sd14vEhKTPs

沖縄の今(1) 基地問題の矛盾
http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/400/160168.html
http://megalodon.jp/2013-0625-2055-24/www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/400/160168.html
http://www.youtube.com/watch?v=_rwPkrWC2S0

沖縄の今(2) 基地問題と独立論
http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/400/160170.html
http://megalodon.jp/2013-0625-2057-05/www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/400/160170.html
http://www.youtube.com/watch?v=WHzQXgDZdXI

|

« 日米地位協定 | トップページ | 標的の村 国に訴えられた沖縄の住民たち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60446/57276447

この記事へのトラックバック一覧です: 主権回復の日:沖縄・奄美の人々の声 / 5・15 沖縄県民大会 元慰安婦の訴え(沖縄・広島):

« 日米地位協定 | トップページ | 標的の村 国に訴えられた沖縄の住民たち »