« 「ペンギンの憂鬱」アンドレイ・クルコフ:ウクライナ『オレンジ革命』の虚妄を暴く視座 | トップページ | 「チェチェンの呪縛」横村出(岩波書店) »

2005.07.30

バサーエフ・インタビュー(米ABC NIGHTLINE)Reign of Terror

 米ABC NIGHT LINE:Reign of Terror (2005.7.29 NHKBS)

 チェチェンのバサーエフ司令官にロシア人ジャーナリスト・
アンドレイ・バビツキー氏がインタビューした内容を米ABCに持ち込みました。

<貴方は世界で二番目にお尋ね者のテロリストです。
 これまでどうやって生き延びてきたんですか>
「まず第一に、私は二番目などではありません。
 第二に、私はお尋ね者ではありません。
 私自身ロシア全土でテロリストを見つけ出そうとしているんです。
 これからもテロを探し出し、罰を下していきます。
 私の方が追われる身だなどと言ってもらっては困ります。
 私はテロを探し出す立場にあるんです」

<もし貴方が望むように、ロシア軍がチェチェンから撤退したら、
 誰がチェチェンの指導者になるんでしょうか>
「まず頭に浮かぶのは、国民に力をという言葉です。
 私自身、権力を手に入れようと思ったことはありません。
 権力の為に戦ったことはありません。いつも正義の為に戦ってきました。
 正義だけが私の目標です。
 率直に言って、私は自分が追われる身だと少しも感じていません。
 私は戦争に身を投じる戦士です。今この場で死んでも悔いはありません」

<貴方は本当にテロ行為でロシア政府が譲歩し、
 交渉に応じると考えているんですか>
「交渉など必要ありません。
 チェチェンの人々に対する虐殺行為を止めさせたいだけです。
 チェチェンを占領する人間の屑を追い出したいだけです」

「チェチェンのこれからの世代の人達が1944年のように、
 シベリア送りの憂き目に遭わないという保証が欲しいんです。
 その為に独立する必要があります。
 あれが虐殺行為だったことは全世界が認めています。
 テロリストはロシア人の方です。
 チェチェンの独立を目指す闘争はこれからも続きます」

<ベスランで起きた学校占拠事件ですが、あの時の作戦の目的、
 プーチン大統領の採った行動をどのように評価しようとも、水も与えず、
 子供達の命を危険にさらしたのは、正しいことだったと言えるんでしょうか。
 貴方は、プーチン大統領と同じように、子供達の命について責任があったとは
 思いませんか>
「何故私にプーチン大統領と同じ責任があるんですか。
 チェチェンの子供達四万人以上が殺され、何万人もが怪我を負ったんです。
 そのことについて声を挙げてくれた人はいますか」

<ではロシア人の子供達にも責任があるということですか>
「子供に責任があるとは言っていません。
 ロシア国家全体が責任を負っているんです。
 暗黙の了解は事態を肯定していることに他なりません。
 ロシアは国を挙げてチェチェンを破壊する侵略者を養っています。
 食べ物を与え、税金を払い、言葉の上でも賛成しているような奴らには、
 みんな責任があります。
 ベスランでは正直言って、あんなことになるとは思っていませんでした。
 問題は、チェチェン紛争を終わらせるか、プーチン大統領を辞任させるか、
 どちらかでした。
 その二つの内、いずれかの要求が受け入れられれば、
 無条件で人質を全員解放する筈でした。
 何故あんなことをしたのかと聞かれるかもしれませんが、チェチェンで
 何千人もの子供や女性、お年寄りが殺害されるのを止めさせる為でした。
 事実に目を向けて下さい。誘拐され、連れ去られて、殺されているんです」

<つまり、直接撃たなければ、何の問題もないということですか。
 子供の命を危険にさらすのは、殺害に関与するのとは、別のことだと
 言うんですか>
「虐殺行為を止めさせる為には手加減する積もりはありません。
 ただし、私が信じる宗教の許す範囲でです。
 私の宗教では、コーランの中で、アラーは、相手にやられたように、
 やり返せと教えています。
 ただし、一線を踏み越えてはなりません。
 私は一線を越えないようにしています。
 これまでも踏み越えたことはありません」

<学校占拠事件の後、貴方はどんな気持ちになりましたか>
「率直に言って、ショックを受けました。
 誓ってもいいですが、あんなことになるとは思ってもみませんでした。
 プーチン大統領が、あそこまで血に飢えているとは思わなかったんです。
 奴が血に飢えた欲望をむき出しにするとは思わなかったんです。
 あそこまで深刻な状況に直面すれば、ガスか何かを使って、
 事態の打開を図るだろうと思っていました。
 少なくとも、子供達には手出しはしないだろうと。
 容赦ない攻撃をすれば、相手もすぐにメッセージを真に受けるだろうと
 踏んでいたんです。うまくいくと思っていました。
 しかし、いまだにメッセージが身に沁みていないようです」


 バビツキー氏は、
『私はバサーエフ司令官に、学校の建物の中で起きた爆発について聞きました。
 ロシア軍突入のきっかけとなった出来事でした。
 司令官の話によると、チェチェン武装グループのメンバーが体育館の中で、
 爆発物の起爆装置を足で押さえていました。
 そのメンバーが、ロシア兵に狙撃されたんです。
 足を外すと爆発するようになっていました。
 それで爆発が起きてしまったということです』


<飛行機の爆破については、どうなんですか>
「爆破したと誰が言ったんですか。
 爆破したという事実はどこにあるんですか。
 奴らが爆破したのではないと、どうして言えるんですか。
 そういう風に考えたことはないんですか。
 要求はいつも通り、戦争を終わらせることでした。
 それなのに、どうして私達のせいだと言えるんですか」

<では、ただ飛行機をハイジャックしただけだと言うんですか>
「航空機をハイジャックして、戦争の終結を要求しようとしていたんです。
 何らかの反応があるまで、着陸を拒否することになっていましたが、
 すぐに撃ち落とされてしまいました。
 私達がハイジャックをすれば、あんな風に爆破したりしません。
 二機がほぼ同時に爆発したのも、おかしな話です」


「2004年の1月に、私は公式の声明を出しました。
 ロシア軍が国際法に則り、態度を改めると正式に発表すれば、
 我々もロシアの領土に対する全ての攻撃と爆破行為を中止する
 という内容の声明です。
 そうすれば、ここチェチェンに残るロシア軍だけを相手に戦っていく
 という公式の声明を出したんです」


「確かに、私は悪党です。テロリストです。でも奴らはどうなんですか。
 憲法に定められた秩序を守っていると言うなら、
 テロを取り締まっていると言うのなら、
 そうした全ての合意や、響きの良い言葉に私は唾を吐き掛けてやります」


 <私の感想>
 バサーエフの無差別テロという闘争戦術・闘争形態・方針を認めることは
絶対にできません。
しかし、バサーエフの現状認識は、だいたいにおいて否定できません。
つまり、ロシア軍による、チェチェン人一般民衆への抑圧、虐待、虐殺は
続いているのだと思っています。


 バサーエフとのインタビューを全米で放映できるなら、
ビンラディンとのインタビューも全米で放映できない理由はないのではないか。
私にはそう思えます。
たとえ、容疑者、犯罪者であれ、その言い分を伝えること自体はできると
思います。

|

« 「ペンギンの憂鬱」アンドレイ・クルコフ:ウクライナ『オレンジ革命』の虚妄を暴く視座 | トップページ | 「チェチェンの呪縛」横村出(岩波書店) »

コメント

はじめまして
実は同じ番組を見て、ブログを書こうと思ってもたもたしているうちに、こちらを拝見しました。
それで、こちらをベースにして、録画していたインタビューの内容を書き起こした次第です。省略されていた部分を含め、間違いの無いようにしたつもりですが、お気づきの点があれば、遠慮なくご指摘いただけると幸いです。
なお、放送の反応等を含めた続報についても、TB致しましたので、ご覧頂ければ嬉しいです。

投稿: soliton_xyz | 2005.07.31 15:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60446/5225309

この記事へのトラックバック一覧です: バサーエフ・インタビュー(米ABC NIGHTLINE)Reign of Terror:

» オサマ・ビン・ラディン独占インタビューの全米放送は可能か? [NewsでNonfixな日々]
それに対して私は、誰かのインタビューを放送するということは、その人物やその行動に対し承認を与えることを示すものではないと答えました。 私がインタビューした人の中には、泥棒や詐欺師、児童虐待者、多くの人々の命を奪った独裁者までいました。 私が負っている責任... [続きを読む]

受信: 2005.07.31 15:33

« 「ペンギンの憂鬱」アンドレイ・クルコフ:ウクライナ『オレンジ革命』の虚妄を暴く視座 | トップページ | 「チェチェンの呪縛」横村出(岩波書店) »