« 「チェチェン人からみた「プーチン」」加藤健二郎 | トップページ | 「チェチェン 知られざる戦争」:市民平和基金 »

2004.10.29

「チェチェン 屈せざる人々」林克明

 世界フォト・ドキュメンタリー「世界の戦場から」の一冊です。

 この本は、写真集がメインで、文章はサブということが原因なのでしょうか、
私にはその理由は分かりませんが、第二次チェチェン戦争がなぜ始まったのかの
説明は、99年9月のロシアでのアパート連続爆弾テロがあり、これが「反テロ」の
名目でチェチェン攻撃が始められたとの展開になっています。

 つまり、99年8月のチェチェン側が先にロシア連邦ダゲスタン共和国に軍事
侵攻したことについては触れていません。

 林氏の別の著作「チェチェンで何が起こっているのか」では、きちんとこの
チェチェン側からの軍事侵攻に触れているので、何故、このことを本書では触れ
なかったのかが疑問です。

 しかも、99年9月のロシアでのアパート連続爆弾テロ事件がチェチェンの
犯行と証拠もなく断定されたのは、そうですが、
「一連のテロには疑問も多く、ロシア治安当局の自作自演との指摘も絶えない」
という叙述だけで、第二次チェチェン戦争が起きたという説明では極めて不十分
です。

 チェチェン側によるものとの証拠もありませんが、ロシア治安当局によるもの
という証拠もありません。

 99年8月にチェチェン側が先にロシア連邦ダゲスタン共和国に軍事侵攻した
ことについては触れないで、第二次チェチェン戦争を説明するのは、紙面の都合
かもしれませんが、厳密に言うと、歴史の偽造であると私は思います。

|

« 「チェチェン人からみた「プーチン」」加藤健二郎 | トップページ | 「チェチェン 知られざる戦争」:市民平和基金 »

コメント

きれいな戦争というのは、事実として、ありえません。
文学的、芸術的には存在します。
ま、愛の戦争とか、知の兵器とか、くらいです。しかし、憲法第9条がアブナイ今、愛の戦争で人口を増やすのも、「うめよふやせよ」で、イマイチ。

投稿: 竹内有 | 2006.03.16 18:41

この人はその名前のとおりの人だと思います。
林の中でも砂漠の中でも入って行き、困難を克服して明らかにする人です。
     ファンになりました!
一緒に眠れないのが悔しいくらい。でした。
  失礼
             かしこ

追伸:汚い戦争とういうけど、きれいな戦争ってあるのですか

投稿: 藤重典子 | 2005.12.09 09:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60446/2411484

この記事へのトラックバック一覧です: 「チェチェン 屈せざる人々」林克明:

« 「チェチェン人からみた「プーチン」」加藤健二郎 | トップページ | 「チェチェン 知られざる戦争」:市民平和基金 »