« ザーラ・イマーエワ女史(週刊読書人) | トップページ | 「プーチン・ファシズム」常岡浩介(月刊現代11月号) »

2004.10.24

「死を賭して報じるチェチェンの悲劇」:アンナ・ポリトコフスカヤ

「死を賭して報じるチェチェンの悲劇」:アンナ・ポリトコフスカヤ
(月刊現代11月号)

 モスクワ劇場占拠事件で、武装勢力から交渉役に指名された
ロシア人ジャーナリスト・アンナ・ポリトコフスカヤは、北オセチアの
現地に向かう飛行機の中で、何者かに毒物を盛られました。
幸い一命は取り留めましたが、現地には辿り着けませんでした。

 劇場占拠事件の時、ロシア軍の撤退を要求する武装勢力に対し
て、妥協案として、「全面撤退ではなく、チェチェンのどの行政区域
でもいいから、ロシア軍が撤退を始める。その動きを第三者が確認
した時点で人質を解放するというものでした。
この妥協案を犯人たちは受け入れました。」


<私が温めていた解決策>
「今回私が温めていたのは、犯人グループがチェチェン独立派の
 マスハードフ大統領と会談するよう仕向けることでした。
 マスハードフ大統領が犯人グループと会う意思があることを確認
 しています。マスハードフ大統領は犯人グループに対して、まず
 子供たちから解放するよう申し入れるはずだったのです。」
「マスハードフはロシア政府が自身の身の安全を保証しなくても、
 ベスランに行って犯人グループと交渉する用意がある」と
 メッセージ
「特殊部隊と犯人側との衝突そのものは、いわば偶発的に起きた
 ものと推測されます。しかし衝突の遠因は、人質の家族たちに
 学校内部の情報が隠蔽されていたことです。そのため業を煮や
 した住民たちが武装して現場に乗り込んでしまい、悲劇を生ん
 だのです。」


<犯人とアルカイダは無関係>
 ロシア当局は、実行犯の中にアラブ人が10人いたとか、
アルカイダ等の国際テロ組織が関与と発表していますが、
犯人グループと交渉し、26人の人質を解放させた
アウシェフ元イングーシ共和国大統領は、
「犯人は訛りのないロシア語かカフカス訛りのロシア語を話した」と
言っています。
つまり、犯人グループは、ロシア人、イングーシ人、チェチェン人、
オセチア人のいずれかということになります。


「チェチェン人にしてもイングーシ人にしても、戦闘員の多くは、
 前述のフィルター・ラーゲリ(簡易強制収容所で拷問が行われて
 いる)からの帰還者です。蛮行がさらなる蛮行の連鎖を生んで
 いるのです。」

「チェチェン問題は、暴力的弾圧ではなく、政治的交渉によってのみ
 解決します。マスハードフ大統領一派と話し合いを持つことです。」

|

« ザーラ・イマーエワ女史(週刊読書人) | トップページ | 「プーチン・ファシズム」常岡浩介(月刊現代11月号) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「死を賭して報じるチェチェンの悲劇」:アンナ・ポリトコフスカヤ:

« ザーラ・イマーエワ女史(週刊読書人) | トップページ | 「プーチン・ファシズム」常岡浩介(月刊現代11月号) »