« 米国によるタリバンへの間接的資金提供 | トップページ | アフガニスタンにおける中国式資源獲得術 »

2009.11.22

カブール近郊の難民キャンプで凍死していく子供達

カブール近郊の難民キャンプで凍死していく子供達
http://www.youtube.com/watch?v=Q4Pd_V5Zvq0
http://www.veoh.com/browse/videos/category/news/watch/v19437294mHkTFa8Z

Afghan children 'die from neglect'
http://english.aljazeera.net/news/asia/2009/11/2009112783816298143.html

アフガニスタンの首都カブールから僅か7キロほどにある難民キャンプ
その劣悪な環境をアルジャジーラが取材した。
衰弱しきった子供
このキャンプの住民によるとここ数週間で14人の子供が凍死、あるいは病死したという。
明らかに最近掘られたとみられる墓も映し出されている。
しかしアフガニスタン当局は最近ここで死者は出ていないと主張しているという。
アルジャジーラはどちらの言い分が正しいかは分からないとしている。

ここ数週間で死者が出ているのかどうかはともかく、問題は、
この劣悪な難民キャンプが、首都中枢から僅か7キロしか離れていないということであり、
首都カブールには、国際部隊だけでなく、国連の諸機関や各国のNGOが
たくさん存在しているにもかかわらず、
なぜ援助の手がこのキャンプに差し伸べられていないのかということだ。

国際社会からの巨額の援助資金は一体どこへ、どのように消えてしまったのだろう。
首都カブールには、豪邸が立ち並ぶ一角もある。
巨額の資金が一部の者の懐を肥やしているばかりではないのか。

鳩山政権はアフガニスタンに5000億円の資金を提供するという。
ペシャワール会のように、資金がどのように使われ、地元の人々に感謝されているということが
確かに分かるような使い方をされるのなら、殆どの人は資金援助を肯定するだろう。

しかしこの首都カブールの悲惨な現状を見ると、
現状では援助資金が、このような末端の本当に困っているアフガニスタンの人々に
果たして本当に届くのかは極めて疑問である。

一部の政治家や官僚を肥え太らせるばかりの援助など止めてしまえ。

本当に困っている人に届くという確認ができる援助にのみ限定しろ。

アフガン、生育環境として世界一危険=ユニセフ報告
http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPJAPAN-12574720091120

More than one in five children born in Afghanistan dies before the age of five, according to UNICEF
http://www.rawa.org/temp/runews/2009/11/23/sexual-abuse-of-afghan-children-decried-by-un.html
ユニセフによれば5人に1人の子供達が5歳までに亡くなっている。

UNICEF: More than half of Afghan children suffer from malnutrition
http://www.rawa.org/temp/runews/2009/11/11/unicef-more-than-half-of-afghan-children-suffer-from-malnutrition.html
ユニセフによれば、5歳以下のアフガニスタンの子供達の59%が栄養失調の状態にある。

アフガニスタンの5歳未満の54%が慢性的栄養失調
http://www.youtube.com/watch?v=FS4esgZ-tqQ
http://www.veoh.com/browse/videos/category/news/watch/v19610146P8NXB83Q

アフガニスタンの五歳未満の54%が慢性的栄養失調
Malnutrition in Afghan children worsens despite aid
http://news.bbc.co.uk/2/hi/south_asia/8440179.stm
200,000 children die each year, 54% of under 5s have chronic malnutrition - Oxfam, UNICEF
毎年20万人の子供達が予防可能な病気で亡くなり、5歳未満の54%が栄養失調

Afghan aid fails to feed the hungry
http://news.bbc.co.uk/2/hi/south_asia/8440542.stm
officially, unemployment is about 40%,
though it is probably far higher than that; of those who do have a job in Parwan,
45% earn less than one dollar a day;
chronic malnutrition for children under five across Afghanistan is 54%.
And perhaps most surprising of all, on a UN scale of human development indicators,
Afghanistan has slipped from 117th in the world, to 181st -
second from the bottom - since the Taliban were ousted.
アフガニスタンの失業率は公式には40%
45%が一日一ドル以下で生活
5歳未満の子供の54%が栄養失調
国連の人間開発指数ではアフガニスタンはタリバン政権崩壊後、
117位から181位へと転落、世界最下位から二番目

アフガニスタン 食料不足深刻
http://megalodon.jp/2010-0331-1521-03/www3.nhk.or.jp/news/k10013537911000.html
http://www.youtube.com/watch?v=oQLLdbx9ujQ

アフガニスタンでは、およそ3分の2の国民が食料不足に陥り、
このうち半数は、必要な栄養分すらとれない、きわめて厳しい状態にあるということです。

UN report: Afghans plagued by poverty, corruption
http://www.google.com/hostednews/ap/article/ALeqM5gcl1UUH0Ybr2j2YUBSmnyl96P5RAD9EOVRU80
Only 23 percent of the population have access to safe drinking water,
and only 24 percent of the population above the age of 15 can read and write,
with much lower literacy rates among women and nomadic populations
人口の23%しか清潔な水にアクセスできない。
15歳以上の24%しか読み書きできない。
女性や遊牧民の間では更に低い識字率。

アフガニスタン:南部避難民「ゲーム感覚で人殺し」 米無人機空爆に憤り
http://ima-ikiteiruhushigi.cocolog-nifty.com/afghanistan/2009/07/post-96ee.html

|

« 米国によるタリバンへの間接的資金提供 | トップページ | アフガニスタンにおける中国式資源獲得術 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カブール近郊の難民キャンプで凍死していく子供達:

« 米国によるタリバンへの間接的資金提供 | トップページ | アフガニスタンにおける中国式資源獲得術 »