« 記録的なケシの増産 (BBC) | トップページ | アフガニスタンで軍閥への恩赦法が通過 »

2007.03.12

アフガニスタン情勢 (12~6月)

Afghanistan - a country on the edge (DivX Stage6 VIDEO 21:22)
http://stage6.divx.com/user/LunaticEclipse/video/1532526/Afghanistan---a-country-on-the-edge

「人権殺戮の血の海」RAWA(アフガニスタン女性革命協会)
国際人権デー RAWA声明書 2006年12月10日
http://blog.goo.ne.jp/harumi-s_2005/e/d5e9f36898fb4332d38506b50c0d65fb

アフガンの女性議員たち
http://eunheui.cocolog-nifty.com/blog/2006/12/post_fb71.html

軍事でなく開発支援を
http://www.janjan.jp/world/0703/0703091336/1.php

アフガン難民、故国に帰れず
http://www.janjan.jp/world/0704/0704103491/1.php

アフガニスタンの将来の鍵はパキスタン
http://diary.jp.aol.com/wkyxkc7pyfku/1250.html

パキスタン、アフガン国境へのフェンス設置に着手か
http://www.afpbb.com/article/1413314

タリバン勢力がパキスタン北西部で伸長
http://www.janjan.jp/world/0704/0704032989/1.php

「アフガニスタン・メディア会議」開催される
http://www.janjan.jp/world/0704/0704133675/1.php

US troops in dramatic rescue (VIDEO 3:56)
http://news.bbc.co.uk/player/nol/newsid_6220000/newsid_6228700/6228780.stm?bw=nb&mp=wm

Survival in the Middle East (VIDEO 1:58)
http://abcnews.go.com/Video/playerIndex?id=3308185
妊娠八か月の妊婦ジュナ・バクダさんが、腹部を撃たれました。

(アルジャジーラ)3/10
「ドイツ連邦議会はアフガニスタンにトルネード型
偵察機を派遣するドイツ政府の決定を承認しました。
これはアフガニスタンでタリバンに対する大攻勢を実施している
NATO軍に対する支援で、NATOがドイツに要請していました。
ドイツの最新型偵察機トルネード六機が
四月半ばより六か月間アフガニスタンで任務に就きます。
ドイツ政府はこの偵察機は戦闘作戦には参加せず、偵察活動のみ行い、
タリバンとアルカイダの動きについての写真をNATO軍に提供するとしています。
議会の三分の二がこの計画に賛成しました。

与党CDUのフォン・クリーレン議員です。
『NATOの一員として責任だけでなく危険も共有しています。
ですからトルネード機を派遣する必要があるのです』
しかしこの派遣に反対する人々はドイツが責任を持てない軍事作戦に
この偵察機が使用されるおそれがあると心配しています。

緑の党です。
『爆撃が行われて無実の一般人が殺された時、その作戦に我々の偵察機が
提供した写真が使われなかったと誰が保証できるのでしょうか』

ドイツの専門家はこの派遣はドイツ国内における
テロ発生の危険性を増すものだと指摘しています。
また、国民はどのような作戦であれ、海外派兵に慎重な立場を崩していません。
最近の世論調査では77%のドイツ国民が
トルネード偵察機のアフガニスタン派遣に反対しています。

市民です。
『トルネードが偵察情報だけを提供するとは言えないのではないでしょうか。
戦争に参加するということでしょう』
『アフガニスタンの人々にどう生きるべきかを教える
なんてことはアメリカや我々の仕事ではないでしょう』

アフガニスタンのタンダハルでは、住宅地をパトロールして回る外国軍と
そのことを警告する看板が住民の関心の的となっています。
カンダハルの幹線道路沿いに林立する看板が広告する唯一の外国製品は
ISAF、つまり国際治安支援部隊です。
内容は、近寄るな、寄れば撃つぞということです。
緊張は自爆攻撃がもたらしたともこの看板は言っています。
しかしこの広告は国際部隊の過剰反応による
犠牲者の数を減らすことには貢献していないようです。
政府の要人や議員は対策を求めています。
アフガニスタン議会のハーシミー議員です。
『内務大臣が介入しなければなりません。
一般市民が殺されるケースが増えており、
NATO軍の各司令官に連絡をとりたいと思います。
近づいてくる車という車や、オートバイに発砲しているのです』

カンダハルテレビの社長アフマディさんは、
『NATO軍の銃撃を受けたが、難を逃れることができたのはとても運が良かった。
しかしカンダハルだけでも殆ど毎日のように一般市民が犠牲になっている』

『彼らはテロをしに来たのではなく、
アフガニスタンを復興させる為に来たと言います。
でもその結果はどうでしょうか。
毎日一般市民が殺されています。
私の叔父が殺された日に自爆攻撃なんて一件もなかったんですから』

アフガニスタン政府軍も自分の身を守る上で、NATO軍に負けてはいません。
しかし彼らの広告は武器の回収と
攻撃者をどのように撃退するかという二点に絞られています。
これらの広告看板を作製している会社は攻撃を恐れて、
自らの名を明かすことを控えています。
外国軍に対する住民の拒否反応や怒りが高まっているからです」


「アフガニスタン映像メディアの今」(NHKきょうの世界)3/15
・「カブールシネマ」ミラウィス監督(03)
 内戦で爆撃された映画館。映画好きな少年が移動映画館を始める。
 しかしタリバンに摘発される。
・「ナルゲスの人形」アリ・ファイジ監督(06)
 内戦で父親を失った母と少女の物語。
・「石打ち刑」ラティフ監督(04)
 男性社会を抑圧される側の目線で描く
アフガニスタン映画祭で上映された作品の多くは
戦争やイスラム原理主義体勢の下での人々の生き様に焦点をあてています。
主催したのはNPOクロスアーツ
読み書きのできない大人や女性向けの番組も多い
15歳以上の国民の識字率は36%
一昨年、日本の支援でテレビ塔も完成
カブールでは、国営放送と民放六つ、更に三つが間もなく開局
都市部では70%の世帯に普及、しかし地方では電力事情が悪い
ラジオ局や出版社の創設も相次いでいる。
アフガニスタン初の民間テレビ局アイナテレビのプロデューサー
ナジーブ・パイマン氏
アイナとは鏡
社員は50人、七割は女性
初の女性キャスター
金曜の夜「あなたたちと」娯楽番組
一番人気は庶民の暮らしに飛び込み、言葉遊びをする番組

|

« 記録的なケシの増産 (BBC) | トップページ | アフガニスタンで軍閥への恩赦法が通過 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アフガニスタン情勢 (12~6月):

« 記録的なケシの増産 (BBC) | トップページ | アフガニスタンで軍閥への恩赦法が通過 »