« 穏健派タリバンの選挙参加 | トップページ | 「アフガニスタン総選挙」NHKBS »

2005.09.21

アフガニスタン:新兵・テレビ番組 ABC NIGHTLINE

ABC NIGHTLINE(2005.9.19)

アフガニスタン治安部隊3万人。
警察は16個の爆発物と一台の自動車爆弾を未然に押収
この一年で1200人が攻撃で死亡。
米兵の死亡率はイラクと同じ位高い。
米国防総省では今後一年に20%以上縮小するという論議も
カルザイ大統領は「とんでもない」と懸念
「警察は司令官が多すぎて、現場で指揮を執る者が少なく、
 しかも腐敗が蔓延していると言われます」

今の所、新兵の採用は目標通り進んでおり、
二年で七万人の兵士が臨戦態勢を整えることができる。

「社会基盤が整っていません。兵士がどこかに配備されると、小切手とか
 送金システムがないので、家族に金を渡すことができなくなります。
 これが大きな問題となっています」

元兵士へのインタビューでは、彼は、国の為に尽くすことは誇りを感じたと
いいますが、任務があける二年も前に辞めてしまいました。
共に訓練を受けた仲間も七割は辞めたといいます。
軍からの離脱者は犯罪者と見なされるものの、
彼も彼の同僚達も特に処罰は受けませんでした。

アフガニスタンのテレビ番組
男女があるテーマを巡って語り合う番組。
極普通の番組のように見えますが、アフガニスタンでは画期的です。
女性の問題がテレビで取り上げられるだけでも大きな進歩です。

「男性と女性がテレビで極普通の会話をし、互いを平等と見なしている
 というだけでも、40分の演説よりも意味がある」
「同じ画面に登場することで男女平等を雄弁に物語る」

四年前、タリバン政権下ではテレビは法律で禁止されていました。

今、アフガニスタンの五つの主要都市で番組を放送しています。
自爆テロ問題など硬派のドキュメンタリー番組もあります。
「悲惨な映像ですね」
「時にはショックを与えることも必要です。
 どれだけの被害をもたらすかを見せて、これがいかに汚い手口であるかを
 実感させるのです」

MTVスタイルの音楽番組もあります。
料理番組もあります。
ほとんどの番組は地方局が制作しています。
最大のヒット番組は、金曜夜のポップスター・オーディション番組
「君こそスターだ」のアフガニスタン版。
第一回目のオーディションには五百人以上が殺到しました。

|

« 穏健派タリバンの選挙参加 | トップページ | 「アフガニスタン総選挙」NHKBS »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アフガニスタン:新兵・テレビ番組 ABC NIGHTLINE:

« 穏健派タリバンの選挙参加 | トップページ | 「アフガニスタン総選挙」NHKBS »